hositotakibi

記事一覧(92)

No.830 硫黄尾根(ソロ)

【硫黄尾根のプロフィール】槍ヶ岳と言えば北鎌尾根が有名で、ある種ヤマ屋の目標ともされている。その傍らで赤く荒々しい出で立ちで「そんなメジャーな尾根より僕を登ってごらん」と挑発している尾根だ。北鎌尾根より長大で、ルートの複雑さとエスケープも難しいことから槍ヶ岳へのルートでは最も難しい尾根とされている。阿蘇鷲ヶ峰の北尾根冬季の登攀・大山北面のバリエーションルートの登攀・大山主稜の縦走を繰り返し1日中続け、それを4~7日間連続するようなイメージ。複数登攀ではロープによるコンテやスタカットである程度の安全は確保できるが、ソロではただ一度の失敗も許されない。岩・氷・雪稜・ルートファインディング・生活技術・体力・精神力・危険察知のセンスと運。小手先の技術だけでは死につながり、総合的な力と経験を要する。【DAY1】快晴 -2~18℃ 0~10m/s 10時間8:00葛温泉ゲート~9:56○下 高瀬ダム ○上10:22~11:37林道終点(ここまで除雪)~12:31名無小屋~15:14湯俣~16:05尾根取り付き~16:53尾根(1550m)~17:58泊地(1680m)~18:30テント入り~21:30就寝【DAY2】快晴 -8~18℃ 0~15m/s 11時間5:05起床~6:54発~10:19硫黄岳前衛峰群P1~11:17 P3(ラッペル)11:59~14:08 P2246m~14:41小次郎のコル~17:47硫黄岳下ジャンクション2400m~18:40テント入り~21:00就寝【DAY3】快晴 -12~18℃ 0~15m/s 8時間4:55起床~6:55発~8:15硫黄岳~8:50硫黄台地2511P~9:03雷鳥ルンゼへの懸垂下降点~(ラッペル)~9:40雷鳥ルンゼ懸垂下降点~(ラッペル)~(クライムダウン)~(トラバース)~11:02尾根~12:12南峰2459P~13:31赤岳前衛峰群P1・P2の巻き14:15~P2~15:10P3とP4のコル(泊)~16:04テント入り~21:00就寝【DAY4】 快晴 -10~18℃ 0~15m/s 9時間泊地6:30~7:30 P4懸垂8:08~8:41 P7直下雪崩発生8:45~10:02赤岳主峰群P2東尾根の肩~13:23白樺台地~15:35西鎌尾根直下2640m【DAY5】 快晴のち曇り -6~20℃ 0~18m/s 11時間3:58泊地~5:22西鎌尾根~5:42左俣岳~8:19千丈沢乗越~10:02槍平小屋~12:42白出小屋~15:53穂高平小屋~15:03新穂高

No.829 伯耆大山 中ノ沢~滝沢リッジ

日時:2018年2月18日メンバー:KH,SK,IK 天候:快晴 気温:-6~0℃ 風:5~0m【17日(土)】10:20手鎌発~中国道~三次東JC~松江道~16:00米子~買い物~16:45槇原P(泊)*三次東JCから松江道経由で行くと約1時間の時短+料金も安い。【18日(日)】4:30起床~5:00槇原P発~食事は車中~5:30大山寺P発~6:30元谷~7:44中ノ沢取り付き~11:34主稜線~11:50剣ヶ峰~12:00天狗ヶ峰~12:50宝珠尾根~13:11元谷~13:41大山寺P~20:15大牟田*2月中旬は元谷6時着でとりつきでちょうどよい明るさになる。よって大山寺は5時発でベストかな。前日は風雪強く、一足早くついていた大牟田労山+チームアースのパーティは登れなかったそうだ。昼から続いていた宴会に合流し大牟田のアルパイン好きな会が集まり、盛り上がった。朝起きるといい天気。元谷につくと先行者がいっぱい。当初の予定の別山バットレスは渋滞が予想されるので、剣ヶ峰沢へ移動する。烏帽子岩下で腰までのラッセルであきらめる。そのまま中の沢へ取り付く。いい感じでクラストしており、岩も出ておらず快適に登る。途中から滝沢リッジに移りそのまま主稜線へ。稜線では無風快晴。快適に縦走してユートピア小屋手前から一気に尻セードで下る。元谷堰堤には13時着。スマートに登れて楽しい山行だった。

No.823 阿蘇赤谷ソロ

メンバー:IK     天候:晴れ⇒くもり 気温:‐3~0℃ 風:微風 8:14二束牧入り口~8:51仙酔峡~9:57関門~10:48三段滝上部~11:02境界尾根~11:26しんちゃん岩~12:26高岳~13:09中岳~13:44ロープウェイ上駅~14:12仙酔峡~14:50駐車場道路は工事中で二束牧入り口の近くに車止めのゲートがあり車は駐車スペースがある。仏舎利塔のすぐ下まで車で一応行けるようになっているが、工事の方が一般車が止めてあるせいで、大型のトラックが転回するのに困ってあった。下に止めても時間は大差ないのでモラルは守りたい。風はなく暖かった。トレースはあったがたぶん前日のもの。こんなに冷え込んでいたのに赤谷、鷲ヶ峰方面は僕だけだ。10年前だったらこんな日は仙酔峡は大賑わいだったのに…。仙酔峡の滝は凍っていてコンディションはまずまず。赤谷赤ガレ谷の別れのF1は上部1mほどは氷がなかった。中段の上部が少しかぶった滝は氷が薄く難しかった。ソロなのでケガするわけにはいかないので慎重に上った。難しいところにはステンのハンガーやRCCボルトが打ち足してあり、落ちても決定的なダメージは受けずに済むので少し安心だ。中段近くまで登ると撤退はアンカーとして使える岩がなくハーケンのリスもないので懸垂用のボルトを打つ必要があるので、持参した方がよい。三段滝(今は下部が埋まって二段になってしまっている)は十分な厚さの堅い氷がついていた。三段滝を超えて境界尾根までは手前のルンゼと奥のルンゼがあるが奥を上った。崩壊が進んでボロボロだが今回は氷でよく締まっていた。境界尾根は最上部まで登ってどんずまりの壁際をトラバースしてしんちゃん岩を目指す。ここから整備(伐採)作業を行いながら進んだ。今回はしんちゃん岩下部を回り込んで鷲ヶ峰よりから尾根を詰めた。わずらわしい枝はだいぶ落としたので後続は登りやすいはずだ。このルートが一番やさしくチムニーのテラスまで行ける。今回はソロなのでチムニーは登らず回り込んで上部に出る。灌木が大きくなりロープ無しでも全く問題ない。上部のルンゼも少し泥がつき以前よりは登りやすい。腰かけ岩を上り最後の1mの段差を越えれば頂上台地だ。バカ尾根はクランポンをとるかつけたままにするか悩ましい状態。クランポンの歯が痛むのが嫌だったので外して中岳経由で降りることにした。仙酔峡の凍り具合⤵

No. 820 阿蘇赤谷、氷登攀

2017/12/17(日)メンバー:KI, KS, MN, Uさん(Guest)          天候:曇り→晴れ     気温:-4~-13℃活動時間:10時間23分(08:40 → 19:03 ) 活動距離:10.37km  消費㌍:5,313Kcal高低差:905m    累積標高:+1,762m / -1,741m前日雨が降ったので、赤谷に氷が着いているのを期待して、K夫妻と3人で来たが、微かな期待は裏切られることになる。地震の影響で仙酔峡駐車場への道路は崩落しており、通行止めの手前の駐車スペース(5-6台分)に車を停めて、30分程歩いて登山口へ向かう。途中、日本百名山登頂を目指す東京から来た青年と一緒になったり、登山口ではバカ尾根に来た知人のUさんと会ったりで、結局Uさんも加わり、4人で赤谷へ向かう。氷がほとんど付いていない状況での登攀は予想通り厳しいもので、高岳山頂に着いた時は16:00を過ぎていた。ここでトレーニングのため一晩過ごすというKIには、ホトホト感心させられたが、夕日に映える高岳山頂を見ることができるならそれもいいかと思う気持ちもあった。ただ、明日の仕事を考えると下山するしかないのが現実だった。3人で黙々とバカ尾根を下山するも、車にたどり着いた時は、とっぷり日が暮れてしまっていた。子供達の発表会をスッポかす結果になってしまったので、家で待ち構えているかみさんの表情に怯えながら、温泉も諦め家路を急いだ。